FC2ブログ
天海、亜門氏と初タッグ「最高に幸せ」と感激!・アイドル・俳優・女優・お笑い芸人・歌手・ドラマ・映画・新曲・話題曲などいろいろな芸能のネタにスポットを当てて気になる情報を出来事を紹介していきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天海、亜門氏と初タッグ「最高に幸せ」と感激!


女優の天海祐希(39)が、演出家・宮本亜門氏(49)と11月上演のミュージカル「テイクフライト」で初タッグを組むことが18日、分かった。トニー賞脚本家など米ブロードウェーの一流スタッフが手がける日本語翻訳劇で、天海は実在した米の女性飛行士を演じる。

天海さんて前からTVドラマシリーズで安定感のある演技で人気ですよね。

 

 

天海の舞台出演は4年ぶり、翻訳ミュージカルは宝塚退団後、初めてだ。念願の亜門作品に出演が決まり「最高に幸せ」と喜ぶ。日本初演後、本場ブロードウェーで公演が計画されている。

 ブロードウェーで東洋人として初めてミュージカル「太平洋序曲」(2004年)を演出し、成功させた亜門氏と、天海が初めてタッグを組むことになった。

 天海は1995年に宝塚退団後、ドラマ、映画など映像作品に数多く出演しているが、舞台はわずか5作。三谷幸喜演出の「オケピ!」、劇団☆新感線「阿修羅城の瞳」と立て続けにステージに立った03年以来、4年ぶりの出演を宮本作品で飾る。「ずっと、亜門さんとお仕事できたらと願っていたので、最高に幸せです」と感激している。

 天海が演じるのは、1932年に女性初の大西洋単独横断飛行を成功させた飛行士アメリア・エアハート。パイオニアとしての実績に加え、行動力やチャレンジ精神など、その人間性が現在も世界中から尊敬を集めている。天海は、行動力など実像とオーバーラップする部分の多いヒロインを「大空に夢や願いや生きる意味を追い求めた偉大な女性」と、とらえている。

 亜門氏は「女性の自立、新たな可能性を高めた、世界に誇れる女性。天海さんの明るさ、爽快(そうかい)さ、優しさ、大きさ、温かさ、男前さ。すべてがぴったり」と歌やダンスも含めて期待を寄せる。

そういった、適任者選びには納得ですね。

 作品には飛行機を発明したライト兄弟と、大西洋単独無着陸飛行に初成功した米飛行家チャールズ・リンドバーグが登場。現実には接点のなかったアメリアを含む4人がステージ上で交わりながら、それぞれの目標「テイクフライト」(飛ぶんだ)を成し遂げる過程が描かれる。天海以外のキャストは未定。

 東京国際フォーラム(11月24日~12月9日)、北九州芸術劇場(同13~16日)で上演され、ほか数都市で開催予定。日本でお披露目後、ブロードウェー上演も視野に入れられており、宝塚在籍中にニューヨーク公演を経験している天海だが、ブロードウェー本格デビューも期待できそうだ。

 ◆アメリア・エアハート 1897年7月24日、米カンザス州生まれ。第1次世界大戦中にカナダの陸軍病院で看護助手として働き、1921年に飛行訓練を開始。出版者のジョージ・プットナムの依頼で飛行チームに参加。31年にジョージと結婚し、32年に大西洋を単独横断。37年の世界一周飛行中に消息を絶った。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 芸能情報の品格 Q様御用達話題のネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。