FC2ブログ
“森版おふくろさん”に最後通告!?・アイドル・俳優・女優・お笑い芸人・歌手・ドラマ・映画・新曲・話題曲などいろいろな芸能のネタにスポットを当てて気になる情報を出来事を紹介していきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“森版おふくろさん”に最後通告!?


歌手森進一(59)が代表曲「おふくろさん」に原曲にはない語りを入れた騒動で、日本音楽著作権協会(JASRAC)が7日、改変後のバージョンの利用は許諾できないとする異例の注意をホームページ(HP)で呼び掛けた。これにより、改変バージョンを森がテレビや公演で歌うのは事実上不可能になり、“お蔵入り”する可能性が高くなった。

こうなればこの話題もそろそろ終結か?

同曲を作詞した川内康範氏(86)から「歌詞に意に反する改変があった」との通知を受けたJASRACは、HP上で見解を示した。「改変されたバージョンを利用すると、著作権法で定めた同一性保持権の侵害その他の法的責任が生じる恐れがある」などと注意を呼び掛けており、改変バージョンは法的な解釈で「NG」を出された。

ただ、語りの入らない「おふくろさん」は、従来通り利用できるとしている。

森、川内氏はともに7日、これを受けてのコメントは出さなかった。

同協会は作詞者、作曲者、音楽出版者が持つ著作権を管理。テレビや公演で曲を使用したり商品化、カラオケ化する際、利用者側は同協会に利用許諾を求める。同協会は「改変バージョンの利用は許諾しない」ともしており、改変バージョンをテレビや公演で使用することは事実上、不可能になった。

同協会の調査では、現在、カラオケで改変バージョンは使用されていない。所属レコード会社によると、77年に改変バージョンが初めて商品化されたライブ盤があるが、すでに廃盤になっており、その後復刻されていない。また、改変バージョンを収録した新たなCD、映像商品も発売されておらず、商品回収などの予定はないという。

このライブ盤、“お宝”になるかもですよ。

同協会によると、川内氏からは2月20日付で役員に対し「森が私のすべての作品を歌うことは禁止する」と知らせる手紙が届いた。同協会では、手紙はあくまで私信であり、正式申告とは認めていなかったが「事の重要性をかんがみて、注意呼び掛けに至った」としている。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 芸能情報の品格 Q様御用達話題のネタ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。